• DECO(V2)
  • テープ・サチュレーション ダブル・トラッカー
  • オープンプライス
  • ¥53,500
  • 0852571008264
strymon DECO(V2)
strymon deco
strymon deco
Tape: The First Effect
エフェクターの元祖
DECO(V2)

THE NEXT GENERATION. DECO V2

サウンドに立体的な温かみとテープの甘いサチュレーションをもたらすテープエフェクト。モダンアップデートされた往年のトーンが、あなたのペダルボードに甦ります。1950〜60時代特有の、美しく包み込むようなヴィンテージサウンドがこの1台で手に入ります。

50年代から60年代の初期にレコーディングスタジオではオープンリールのテープマシンが導入され、クリエイティブなエンジニアたちはこれらを駆使して想像を超えるほどリッチなサウンドを生み出しました。エフェクターの元祖とも言える初期の巨大なマシンサウンドのすべてが、Decoのコンパクトサイズに凝縮されています。

  • ハイ・インピーダンス超低ノイズClassA JFETプリアンプ入力
  • ロー・インピーダンス・ステレオ出力
  • TRSエクスプレッションペダル、Strymon MiniSwitch、MultiSwitch Plus、TRS MIDIが接続可能なエクスプレッション入力
  • コンピューターとのMIDIコネクション、ファームウエアのアップデートが可能なUSB-Cジャック搭載
  • Tape Saturation、Doubletracker それぞれ独立のOn/Offフットスイッチ
  • 300のプリセット保存とMIDIフル対応
  • 超低ノイズ、ハイパフォーマンスの24-bit 96kHz、A/D&D/Aコンバータがもたらす妥協のないオーディオ・クオリティ
  • ハイパフォーマンス520MHz ARM スーパー・スカラー・プロセッサー
  • 32-bit浮遊演算プロセッシング
  • 20Hzから20kHzのフリーケンシー・レスポンス
  • 9VDC(センターマイナス)300mA
  • Designed and built in the USA
製品コンセプト
型破りなミッドセンチュリー

型破りなミッドセンチュリー

他にはない温かさと甘美なテープのサチュレーションから、そのマシンがどのように操作されていたのか…すでに忘れられてしまった技術まで、Decoはオリジナルからインスピレーションを抽出し、初期のスタジオレコーディング音源に聴かれるようなヴィンテージのテープエフェクトをペダルサイズに落とし込みました。

Decoのテープサチュレーションは、使いやすくスムーズなテープコンプレッションとサチュレーションでサウンドに滑らかなテクスチャを加え、わずかなテープエフェクトによる透き通るようなオーバードライブでトーンをリッチに仕上げます。Doubletrackerは、滑らかなスラップバックテープエコー、サイケデリックなテープフランジャー、豪華なテープコーラスサウンドなど、幅広いサウンドの切り替えが簡単に行えます。


クラシックなサウンドを最先端にアップデート
第2世代のDecoは、オリジナルと同じ豪華なオープンリールサウンドを提供しながら、現代の音楽シーンに合わせた幾つかの新機能が追加されました。最先端の技術、研ぎ澄まされたハードウェアとデザインをまとい、ステージやスタジオのパワフルなツールとしてだけでなく、どんな現場でもフレキシブルにお使いいただけます。

新しいトーンオプション

音の幅をさらに高めるために、オートレベルコントロール(ALC)プロセス機能を備えた高性能カセットデッキを再現し、コンプレッションの効いたファットなトーンをお届けできるようになりました。さらに、刷新された専用のトーンノブで、テープサチュレーションのカラーをダークからブライトまで、好みに合わせて正確に調整できます。


研ぎ澄まされたハードウェア

プレミアムなアナログJFET入力回路は、演奏に対して素晴らしい応答性を誇ります。リアパネルにあるスイッチでモノラルまたはステレオ入力の切り替えが可能です。

さらに、新しいARM DSPチップはペダルボードのエネルギー消費を抑えながら、あらゆる音の細かなニュアンスをつぶさに捉える高い処理能力を提供します。


MIDIフル対応

どんなスイッチ、ノブや設定もMIDIコントローラーやDAWソフトからリモートでフルコントロールできます。

EXP/MIDIまたはUSB-C接続が可能です。ラグデッキのディレイタイムはMIDIクロックで同期でき、プリセットごとに設定が保存できます。300のプリセットが保存でき、お気に入りの設定をロードしてすぐに使うことができます。

デモムービー
サウンドデザイン
テープ・サチュレーション

テープ・サチュレーション - Analog Richness.

Decoは、サウンドにアナログテープ特有のスムースでウォームなフレーバーを与えます。また、テープマシーンの本来の機能である、プレイ中のセンシティビティーやダイナミクスを強調する役割も果たしてくれます。その結果、素晴らしい透明感をローレベルでも保持し、高域の尖ったサウンドを抑え、倍音豊かなローエンドを実現してくれます。Saturationノブを回すと、テープドライブが増え、ダイナミクスのコンプレッションとディストーションが更に付加されます。

Decoは、エフェクトチェーンの最終段で、「常時オン」の状態での使用が理想的です。全てのサウンドがテープ・エフェクトにより向上します。Saturationノブをさらに回すと、オリジナルのテープサウンド以上の歪みを付加できます。テープスタイルの透明感溢れるオーバードライブは、テープマシンの入力段をわずかにオーバーロードした時のサウンドを彷彿させます。


テープ・サチュレーション・コントロール

テープ・サチュレーション・コントロール - Tonal Control.

Decoのテープサチュレーションでは、軽快で透き通るような効果から滑らかでオーバードライブされたテープの歪みまで、幅広くコントロールできます。サチュレーションノブを絞れば、さりげないサチュレーションとコンプレッションをもたらし、限界値まで上げると透き通るテープオーバードライブまで、あらゆるトーンを可能にします。テープサチュレーションのボリュームコントロールは、Decoをブースターとして使用するときに出力音量を上げることもでき、またユニティゲインに戻すこともできます。

新世代のDecoには専用トーンノブがあり、テープのサチュレーションのトーンをダークからブライトまで調整できます。また、ボイススイッチも搭載しさらにサウンドの幅を広げてくれます。ボイススイッチには2つの設定があります。

  • classic:2トラックマスタリングテープマシーンのレスポンスやサチュレーションを再現します。
  • cassette:オートレベルコントロール(ALC)プロセス機能がある高性能カセットデッキを再現しています。コンプレッションされてファットなトーンが特徴です。

ダブルトラッカー

ダブルトラッカー - Double Or Nothing.

初期のレコーディング・スタジオでは、クリエイティブなレコーディング・エンジニア達がテープマシンを用い、その限界を超える新しいサウンドを生み出していました。オートマチック・ダブルトラッキングをはじめ、彼らはテープエコー、フランジング、コーラスなどを、新たにレコーディング・ミュージックにもたらしました。

DecoのDoubletrackerのコントロール類は、密度が高く、よりワイドなサウンドを届けてくれます。Lag Timeコントロールで、テープフランジング、ダブルトラックコーラス、スラップバック・テープエコーが再現できます。Wobble Controlは、僅かなランダム・モジュレーションから過激な揺れまで、レコーディング・エンジニアが行うテープスピードの操作を再現しています。

Decoは入力信号に立体的な温かさと甘く美しいテープサチュレーションを与え、往年のトーンをあなたのペダルボードに提供します。優美さ、独創性、そして包み込むようなビンテージサウンドを兼ね備え、幅広いクリエイティビティを発揮します。


ダブルトラッカー・コントロール

ダブルトラッカー・コントロール - Full Control.

Lag Timeに加えて、Doubletrackerはさらにサウンドの幅を広げる多彩なコントロールを備えています。

Blendコントロールで「リファレンス・デッキ」と「ラグ・デッキ」のミックスレベルを設定します。リファレンス・デッキの音をより聴かせたい場合は、それを下げてダブルトラッキングを減らします。逆にダブルトラッキングエフェクトをもっと聴かせたい場合は、Blendの設定値を上げます。

Wobbleコントロールは、ラグ・デッキにランダムなテープスピードのモジュレーションを追加します。このノブを回すと、まるで本物のレコ―ディングエンジニアが調整したように、さりげない変化から、極端なエフェクトへとシフトします。Wobbleは、Lag Timeがテープフランジ/コーラスとして機能するように設定されている場合、モジュレーション効果のかかり具合を増やします。スラップバックまたはテープエコーとして設定されている場合には、ラグ・デッキにモジュレーションを追加するのに役立ちます。


ブレンド・タイプ

ブレンド・タイプ - Not Just A Phase.

位相やルーティングを調整し、音色や低域のレスポンスを変化させます。

  • SUM:2台のデッキが同位相の状態です。
  • INVERT:「ラグ・デッキ」側が逆位相の状態です。
  • BOUNSE:「ラグ・デッキ」側の右チャンネルは逆位相になり、それが左チャンネルの入力に送られるため、ステレオ時には「ピンポン・ディレイ」のような効果が得られます。モノラル時にはリピートが2回繰り返されるように聞こえます。

ラグタイム

ラグタイム - Delay, Modulation, And More.

Lag Timeノブを回すだけで、テープエフェクトが持つ有機的で多彩なモジュレーションやディレイ効果を得られます。

「リファレンス・デッキ」と「ラグ・デッキ」の時間差で生み出されるダブルトラッキング・テープエフェクトは、Lag Timeノブで設定されます。最小〜12時の設定では「フランジャー」、それ以上の設定では「コーラス」や「スラップバック・ディレイ」が得られ、 最大設定時には500mSecの「エコー」が設定できます。


ワイドステレオ

ワイドステレオ - Stereo To The Max.

Decoは、ステレオサウンドをさらに壮大で重厚なワイドステレオにするオプションを提供します。

ワイドステレオモードは、モノラル入力(ステレオ入力に設定している場合はその両入力)をリファレンスデッキを介して左チャンネルに送り、遅延ラグデッキを介して右チャンネルに送る手法で、ステレオの広がりを調整します。

ブレンドコントロールは、2 つのテープデッキのレベルを調整することで、パンコントロールのように機能します。


オートフランジ

オートフランジ - Your Personal Engineer.

DOUBLETRACKER ON (AUTO-FLANGE ON)フットスイッチを長押しすると、アナログ時代にレコーディングスタジオが生んだスルーゼロフランジ効果が得られます。

まるでバーチャルな“スタジオエンジニア”がフェーダーとテープリールを駆使して作り上げたような、滑らかで予測不能なスルーゼロフランジが誰でも簡単に作れます。

フットスイッチを離せば、コントロールはすぐに前の設定に戻ります。


Bounced Back

Strymon Compadre → Strymon Iridium → Strymon Deco

Cr02 Crunch

Strymon Deco → Strymon Iridium

Exploding Slides

Strymon Deco → Strymon Iridium

Fifties Vibe

Strymon Deco → Strymon Iridium

Flanged Shortness

Strymon Iridium → Strymon Deco

Lopsided

Strymon Iridium → Strymon Deco

Neeuw Yark

Strymon Deco → Strymon Iridium

Ray Of Johnny

Strymon Iridium → Strymon Deco

Seasick Warbles

Strymon Compadre → Strymon Iridium → Strymon Deco

Spankmod

Strymon Compadre → Strymon Iridium → Strymon Deco

Twang Thang

Strymon Compadre → Strymon Iridium → Strymon Deco

Variable Crunchitude

Strymon Deco → Strymon Iridium

Wide Bouncy Slap

Strymon Riverside → Strymon Iridium → Strymon Deco

Wide Cassettes

Strymon Compadre → Strymon Iridium → Strymon Deco

主な特長
MIDI
機能紹介

Limitless Possibilities.

新世代DECOはMIDI機能をフル装備しています。EXP/MIDIジャックまたはUSB-C経由で、外部のMIDIコントローラーやDAWからMIDIコマンドを受けて、ほぼすべてのスイッチ、ノブ、設定をリモートでフルコントロールできます。ラグタイムはMIDIクロックで同期できます。クロック同期、および同期設定はプリセットごとに保存できます。300のプリセットが保存でき、お気に入りの設定をロードしてすぐに使うことができます。リモートでペダルをバイパスまたはONにしたり、曲に合わせてラグタイム変更を同期したり、ノブの設定を自動化してセットリストごとのユニークなプリセットを呼び起こすなど、MIDIの可能性は無限大です。

トゥルー/バッファードバイパス
機能紹介

Choose Your Bypass Mode.

DECOは2種類のバイパスモードが選択できます。電子リレースイッチング方式を使用したトゥルーバイパスでは、100%ピュアな未処理の信号(これがデフォルト設定です。)が出力されます。プレミアムクオリティーの高音質バッファー経由のバッファード・バイパスでは、長いケーブル接続で発生するハイエンドロールオフを防止できます。

JFET入力
機能紹介

Analog Touch.

DECOの入力段でダイナミクスとフィーリングを損なうことはありません。ハイインピーダンス、超低ノイズのディスクリートClass A JFETプリアンプが、原音に忠実で繊細なタッチのフィーリングや即応性を保ってくれます。

ステレオ入出力
機能紹介

Moving In Stereo.

信号ルーティングやペダルの配置に妥協は必要ありません。DECOはフルステレオ入力/出力を備えています。 TRS入力ジャックにより、DECOはコンパクトなフォームファクターでありながら、ステレオ入力が可能です。リアパネル入力スイッチでステレオ(TRS)またはモノラル(標準TS)を切り替えられます。2つのローインピーダンスTS出力ジャックで、ステレオ・エフェクターとしてもお使いいただけます。

ライン・楽器レベル
機能紹介

On Another Level.

エフェクターはギタリストだけのものではありません。DECOの入力レンジは幅広く、スタジオからステージまでシーンを問わず使える非常に汎用性の高いツールです。DECOをラインレベルの入力モードに設定するとヘッドルームが10dB上がり、アクティブピックアップ搭載の弦楽器、シンセサイザー、キーボード、エフェクトループなど様々な用途に使用できます。

パワフルなARMプロセッサー搭載
機能紹介

Power To The Pedal.

スマートフォンやコンピューターの進化に伴って、エフェクターにもテクノロジーの進化がもたらされています。DECOもこれまで以上に少ない電力消費で、より多くのマルチタスクを同時に実行できるようになりました。結果として、ペダルボードの消費電力を節約でき、あらゆる音の細かなニュアンスに対してより多くの処理能力を割くことができるようになっています。

コントロール
コントロール
VOICE

2つの異なるテープマシーンを選択できます。

  • classic:2トラックマスタリング用オープンリールマシーンの反応や、サチュレーション特性を再現しています。
  • cassette:ハイエンドのカセットレコーダーに装備されていたオートレベルコントロール(ALC)プロセスを加え、コンプレスされたファットなトーンを再現しています。
SATURATION

テープドライブ、ダイナミックコンプレッション&ディストーションの深さを設定します。

TONE

テープサチュレーションのトーンを調整します。

VOLUME

テープサチュレーションの出力ボリュームを調整します。

TAPE SATURATION ON

TAPE SATURATIONをオン/オフします。

BLEND TYPE

2台のテープデッキの位相と内部ルーティングを変えて、トーンと低域レスポンスを調整します。

  • sum:2台のデッキが同位相。
  • invert:ラグデッキが逆位相。
  • bpince:R側ラグデッキがL入力され、ピンポンまたはダブルエコーが得られます。
LAG TIME

2台のテープデッキのディレイオフセットを設定します。

TAPE FLANGE:最小〜3ms
TAPE CHORUS:3ms〜50ms
SLAPBACK:50ms〜150ms
TAPE ECHO:150ms〜500ms

BLEND

2台のテープデッキのミックスレベルをコントロールします。12時のポジションで50/50のミックスになります

WOBBLE

Lag Timeセッティングにランダムなモジュレーションを加えます。

DOUBLETRACKER ON

DOUBLETRACKERをオン/オフします。スイッチを長押しするとオートフランジ効果が得られます。


入出力
IN

ハイインピーダンス、超ローノイズClass A JFETプリアンプ採用の入力です。TRSケーブルアダプターを使用するとステレオ信号が入力できます。

OUT

ローインピーダンスのステレオ信号出力です。モノ出力の使用には、OUT Lのみをお使いください。

EXP/MIDI

外部からコントロールできるマルチ機能のコミュニケーションジャックです。 TRSエクスプレッションペダルを接続し、アサインされたコントロールノブをペダルから操作できます(デフォルトモード)。また、MIDIの詳しい使用法やStrymon Conduit、MultiSwitch Plus、MiniSwitchのアクセサリーの使用については、ユーザーマニュアルをご覧ください。

AUDIO INPUT SELECTOR

オーディオ入力セレクター

  • MONO:ギターなどのモノ信号を入力します。出力はステレオです。モノ出力の場合はOUT Lのみを使用します。
  • STEREO:ステレオの入力信号に選択します。出力はステレオです。
USB-C

コンピューターに接続して、MIDIコントロールとファームウェアのアップデートに使用します。

9VDC

300mA以上、9VDCセンターマイナス定格の電源を接続して下さい。

よくある質問
MIDIセットアップと使用方法

他のペダル、コントローラー、コンピューターインターフェースのような外部MIDIデバイスからDecoのEXP/MIDIジャックへ接続し、MIDIメッセージを受けるように設定します。また、DecoはMIDIメッセージを出力することも可能です。

MIDIのセットアップや使用方法は、ユーザーマニュアル27ページから34ページに渡って詳しく説明されています。それらを参考にしてMIDIをフル活用してください。

Decoはトゥルーステレオプロセッサーですか?

はい。DecoはWide StereoとBounceモードを除いてはトゥルーステレオです。TRSケーブルで2 x TSステレオ入力が可能です。

  • Bounceモード:4ページのタイプスイッチで説明されています。「ラグ・デッキ」側の右チャンネルを逆位相にし、それが左チャンネルに入力されます。モノ出力またはワイドステレオモードonの時には、ダブルリピートが得られます。ワイドステレオモードoffでは、ステレオ時には「ピンポン・ディレイ」 のような効果が得られます。
  • Wide Stereoモード:これはライブエディット機能の一つです。リファレンス・デッキの信号を L 出力、ラグ・デッキ出力を R 出力に送り、ワイドなステレオイメージを生み出します。セットアップ方法は、ユーザーマニュアル14ページをご覧ください。
入力モードは切り替えられますか(入力レベルの変更)?

Decoは、入力信号によりテープサチュレーションレンジが適合するレベルを、入力モード(ノーマル、スタジオ)で切り替えることができます。設定方法はユーザーマニュアルの17ページをご覧ください。

バイパスモードを変更したい。

Decoは出荷時にはトゥルーバイパスに設定されています(デフォルト設定)。これをバッファー度バイパスに変更することが可能です。

この変更は、パワーアップモードで行います。本機でバッファードバイパスを選択すると、長いケーブルでギターを繋いだ時に起こる(入力信号の)高域の劣化が防げます。また、本機と接続ペダルのインピーダンスのミスマッチがあると、バイパスとエフェクト時の信号レベル差を保持してくれます。オーディオ信号にDCオフセットがあると、切り替えでのポップノイズを防ぐこともできます。変更方法は、マニュアルの18ページをご覧ください。

ダブルトラッカーのタイムレンジは?

4つのラグタイムレンジがあり、0.3〜500msecの設定が可能です。Decoユーザーマニュアル7-8ページをご覧ください。

EXP/ MIDIジャックは何に使えるのですか?

EXP/ MIDIには各種のデバイス(エクスプレッションペダル、MultiSwitch+、MiniSwitch、MIDIコントローラーを接続して、いろいろなコントロールが可能です。

  • エクスプレッションモード:アサインした複数のコントロールをリモート操作が可能です。
  • フェイバリットモード:MiniSwitchか、ラッチスイッチでお気に入りのセッティングをリコールできます。
  • MultiSwitch+:3つのプリセットがリコールできます。
  • MIDIコントローラー(strymon MIDIケーブル):MIDIのフル機能が使用できます。
EXP/MIDIジャックはどのように設定すれば良いのでしょうか?

それぞれの機能によって、設定が異なります。その設定方法はDecoユーザーマニュアルの19ページをご覧ください。

ファクトリーリセットの方法は?

ファクトリーリセットの方法は、ユーザーマニュアル35-36ページをご覧ください。ファクトリーリセットを実行すると、工場出荷時に戻り、設定した機能やプリセットが全てファクトリーデフォルトセッティングに変更されます。

タップスイッチでの入力はどうすれば良いでしょうか?

まずユーザーマニュアルの24ページをご覧ください。EXP/MIDIジャックをタップモードに設定し、MiniSwitch等を接続してタップ入力します。 1/4音符のテンポでタップ入力すると、1/8音符のLag Timeが設定されます。

MultiSwitch Plusで本機を操作する時のセットアップ方法を教えてください。

ユーザーマニュアルの25ページ MultiSwitch Plusの設定をご覧ください。使用方法は26ページにあります。

電源を切った後、セカンダリー機能は保存されていますか?

設定を変更しない限り、セカンダリー機能は保存されています。

第一世代のDecoを第二世代V2 にアップデートすることは可能ですか?

残念ながら、V2の機能にアップデートはできません。第一世代のblueSky、Flint、Lex、Deco、DIG、El Capistanも同様で、デザインが全て一新されています。

Deco V2の新しい機能は?

オリジナルサウンドと基本機能を継承しつつ、I/Oやコントロールを追加しました。以下のようなアップデートが加えられています。

  • TONEはテープサチュレーション全体のEQ コントロールです。
  • TCASSETTEボイスを追加しました。オートレベルコントロール(ALC)プロセス機能がある高性能カセットデッキを再現しています。コンプレッションされたファットなトーンが特徴です。
  • Tmono/ stereo 入力切り替えスイッチを搭載しました。
  • Tアップデート用にUSB-C、MIDIのフル機能が使用できるTRS MIDI(EXP/MIDIジャック経由)を備えています。
製品保証について

本機はStrymon 日本総代理店 オールアクセスインターナショナル株式会社が、ご購入後1年以内の品質保証を行っております。修理が必要な際は、購入時の保証書(購入期日及び販売店の捺印 必須)を提示の上、購入された販売店にご依頼下さい。保証書の提示が無い場合は、保証内であっても保証の対象にはなりません。

詳しくはユーザーマニュアルの46ページをご覧ください。

製品仕様

インプット、アウトプット、スイッチ

  • 入力インピーダンス:1 Meg Ohm
  • 出力インピーダンス:100 Ohm
  • 最大入力レベル:+10 dBu

DSP、オーディオ

  • 24bit/96kHz A/D & D/A
  • S/N:109 dB typical
  • ARM スーパー・スカラー・プロセッサー採用
  • 32bit 浮遊演算方式

その他

  • バイパス:トゥルーバイパス(リレースイッチング)、超ローノイズ・バッファードスイッチング
  • 入力電圧:9VDC センターマイナス、300mA
  • サイズ:102mm(幅)×114mm(縦)×67mm(高)※突起部含む
  • 軽量、堅牢なアルマイト処理アルミシャーシを採用
  • Designed and built in the USA